福知山きちゃった!プチ旅観光MAP お出かけ・観光

アーキテンポ|ふくたん編集部の「プチっと解説」

新町商店街活性化のきっかけを担う
店主と料理が毎日違う「アーキテンポ」

福知山ワンダーマーケット実行委員会が、空き店舗が並ぶ新町商店街再生のきっかけにするため、元紳士服店の空き店舗をリノベーション。2019年4月、厨房付きレンタルスペース「アーキテンポ」が誕生しました。
店名は「空き店舗」、主(あるじ)を意味する「archi」、建築家を意味する「architect」などから成る造語です。

通りに面した大きな窓とその窓辺に腰掛けることができるベンチスペースが特徴。

現在、週替わりや日替わりの店主が、エスニック料理やラーメン、お菓子やパンなど、自信の商品を提供しています。イベントやワークショップも開かれています。1日限定の「ワンディショップ」が開かれることもあるので、出店情報はいつもチェックしておきましょう。

毎週日曜お昼(11:30~13:30)に営業している「吉見製麺所」。自家製麺を使ったまぜそばスタイルのラーメン「タレラーメン」が口コミで人気に。
「吉見製麺所」のタレラーメン旨辛味(700円)にライス(500円)をつけたもの。口当たりが滑らかな自家製麺に、温泉たまご、こま切れの肉味噌、きざみネギが添えられている。シメには余ったタレにご飯を絡めて食べるのがセオリー。

週替わり・日替わり店主からすれば、将来自身の店を運営するためのトライアルの場であり、同時に地域の活性化に貢献できる機会。利用者からすれば、新たな出会いの場。新町商店街では数少ない、飲食をしながらくつろげる空間となっています。

こちらは不定期開店ながら地元ファンの多いFarmマルシェ。MangoFarmと86farm&まころパンがオーガニック野菜を使ったランチプレートを提供し、野菜や加工品を販売。写真は2020年8月19日のフードメニューより、グリーンカレー(鶏肉と茄子)&ガパオ炒めの盛り合わせ。
Farmマルシェが開かれるときは、アーキテンポにオーガニック野菜や加工品、まころパン製造のパンが並ぶ。

アーキテンポ
福知山市下新10
★アーキテンポの毎週の出店情報・営業時間は下記HPでご確認ください。
https://wonderfukuchiyama.net/architempo


「福知山きちゃった!プチ旅観光MAP」の記事へ戻る
▼ 第1回・広小路~新町商店街エリア
前編(午前中) /  中編(午後) /  後編(夜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top