福知山きちゃった!プチ旅観光MAP 和菓子 スイーツ

浅草家【福知山/スイーツ/和菓子】定番から斬新なタイプまで揃う「たい焼き」の人気店

古くて新しい和のお菓子にファン多数
見たい食べたい話題のたい焼き

通年の人気商品のひとつは「天然もの一丁焼きのたい焼き」(190円)。たい焼き店では、ひとつの金型で1匹ずつ焼くことを「一丁焼き」、一丁焼きで焼きあがったたい焼きを「天然もの」と呼んでいます。
もうひとつの人気商品は、生地がサクサクの「クロワッサンたい焼き」(あずき300円、カスタード300円、アップルパイ350円)。クロワッサンたい焼きは、和菓子と洋菓子が合体したような味わいです。
注目商品は、ソフトクリームのカップにたい焼きが頭からダイブした「たい焼きソフト」(640~780円)。これは”見る体験”と”驚く体験”を一緒に味わう新しいスイーツ。「インスタ映え」することから巷で話題になっています。

店主が東京・浅草のたい焼き店で修業したので店名は「浅草家」。味のある看板とのれんが目印です。
天然もの一丁焼きのたい焼き(あずき)を、青空を背景にして撮影。青空を海に見立てればまさに「泳ぐたい焼き」。
あたたかいたい焼きが冷たいソフトに顔を埋めるユーモアあふれる「たい焼きソフト」。写真はクロワッサンたい焼き(あずき)がダイブした「クロワッサンあずきソフト」(750円)。

元祖ファーストフードの大阪たこ焼き(280~510円)、ネギたこ(330~560円)と粉モノも充実。暑くなったら、ソフトクリームやかき氷が人気メニューに。
店の縁台に座って食べることもできますが、地元のテイクアウト派は、御霊公園や広小路を歩きながら食べるのがツウなのだとか。なお2階ではカラオケができます。

レジ前に置かれた縁台に座ってたい焼きをほうばる人も多い。
店名浅草家
住所京都府福知山市中ノ51-1
電話番号0773-24-0246
営業時間月曜~日曜 11:00~19:00
定休日毎週火曜日

「福知山きちゃった!プチ旅観光MAP」の記事へ戻る
▼ 第1回・広小路~新町商店街エリア
前編(午前中) /  中編(午後) /  後編(夜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です