バー 福知山きちゃった!プチ旅観光MAP

LUCHA DEL SOMBRERO(ルチャ・デル・ソンブレロ)【福知山/ダイニングバー】独自の世界観を貫く唯一無二の存在感

無秩序ながら統一感のあるインテリア
独創的なカクテルと世界の料理に脱帽

この店を最初に訪れたとき、ほとんどの人が「ここはどの国?」「1950~70年代にタイムスリップしたのか?」といった感想を抱き、福知山にいることを忘れてしまうといいます。それもそのはず、店内には時代背景や文化、生産地が異なるインテリアやオブジェ、雑貨があふれており、感覚がマヒしてしまうのです。

ピンクの看板に明かりが灯ったらオープン。スペイン語でLUCHAは「戦い」「闘争」、 SOMBREROはつばの広い男性の帽子の意。

店内に流れる音楽は、古き良き時代のロックンロール。床は赤と黒のダイヤ模様、天井にはミラーボール、カウンターの椅子は70~80年代に流行した流線や球形を生かした近未来的なデザイン。不良少年や反骨精神を彷彿とさせるロックテイストを帯びた雑貨、アール・デコをコンセプトにした照明やオブジェもさりげなく配置されています。

入り口に付近に設けられたテーブル席。床は赤と黒のコントラストの強い色で構成された格子柄。椅子はスペースエイジ期のプラスチックファニチャー。天井にはミラーボール。

ほかにもデザインや表現が怪しくセクシーなもの、神秘主義的なもの、毒を含んだメッセージ性の高いもの、ラテンアメリカに代表される民族性の高いものが並んでいます。たとえるなら、海賊が7つの海をめぐって世界各国から集めた財宝を整然と並べた海賊船の船長室のよう。

店内のいたるところに、怪しくてセクシー、神秘的なポスターやオブジェが配置されている。

インテリアや雑貨が放つメッセージの情報量が多いため、店主の吉浪弘人さんが編集した世界観を短時間のうちにうまく消化しきれない脳は混乱を覚え、ヒリヒリする……。ところが、しばらくすると誰もが居心地の良さを覚えるといいます。店主が独特の美意識でセレクトしたものばかりなので、混沌とした中に特定の秩序があり、統一感があります。店を訪れた者は、そのセンスを美しく心地よいと感じるのでしょう。

照明のデザインも多様。こちらは色の異なるメガホン型のライト。気持ちをざわつかせるセクシーなデザインだ。
カウンターの椅子はミッドセンチュリーのデザイン。19世紀後期から20世紀中期までの人々が描いた未来像を懐かしく感じる「レトロ・フューチャー」度数が高いインテリア。
中央にプリミティブなオブジェが置かれたテーブル席。灯篭のような形の照明器具は模様がすこぶる美しい。

このようにインテリアに特徴のあるダイニングバーですが、独創的なカクテルと、パスタやピザ、牡蠣料理など本格的な料理にも着目。ノンアルコールカクテルは、カシスやマンゴー、ライチなど10種類以上あり、ソーダやミルク、紅茶など割り材を選べます。ほかにもカルピスベースのカクテルもあります。

料理はサーディンのチーズグラタン(750円)、ムール貝白ワイン蒸し(800円)、赤海老のカルパッチョ(1,000円)、ロイヤルミートボール(1,100円)、自家製ピザ(1,300円)、海老のアヒージョ(750円)など、世界各国の料理が揃っています。インテリアが無国籍で多国籍なら、料理も同じ。どこにいるのか、どの時代にいるのかわからなくなる空間で、オリジナルカクテルや料理をじっくり味わってください。

アツアツが香ばしい海老のアヒージョ(750円)。バケット3個付き。
人気メニューのひとつ。イカスミのパスタ2.2人前(2,500円)。
店名LUCHA DEL SOMBRERO(ルチャ・デル・ソンブレロ)
住所福知山市字堀蛇ヶ端2749
電話番号0773-21-6958
営業時間火~木・日 18:00〜03:30
金・土 18:00〜04:00
定休日月曜日

「福知山きちゃった!プチ旅観光MAP」の記事へ戻る
▼ 第2回・福知山城周辺エリア
前編(午前中) / 中編(午後) / 後編(午後2) / 最終編 / 番外編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top