洋菓子 福知山きちゃった!プチ旅観光MAP お土産

足立音衛門【福知山市/洋菓子/お土産】栗スイーツで知られる人気洋菓子店の京都本店

素材へのこだわりから生まれた
絶品栗スイーツにぞっこん

大手通販サイトや全国の百貨店で栗を使ったお菓子を販売し、全国的な知名度を得ている「足立音衛門」。その京都本店は福知山市にあります。

本店は、1912年に建てられた木造2階建ての町屋を店舗として利用。歴史的価値のある大きな木造建築は見どころが多く、福知山城を訪れた人が立ち寄る観光名所にもなっています。

京都府指定文化財の木造2階建ての町屋を利用した足立音衛門京都本店。

足立音衛門の敷地内には、洋館、茶室、御殿、土塀、撞球場などが建ち並んでいます。これらの和洋建築は、明治後期から大正時代にかけて、建設会社松村組の創業者・松村雄吉の邸宅として建てられたもの。雄吉は、由良川の氾濫を防ぐために設けられた堤防の安全性を示すために、あえてこの地を選んで建設したといわれています。

ひときわ目立つ白亜の洋館には、縦長の上げ下げ窓、玄関上部のバルコニー、玄関まわりのギリシャ神殿風の柱など、当時の洋風建築の要素をふんだんに取り入れられており、近代建築ファンでなくても一見の価値あり。店舗以外の建物は外観のみ自由に見学できます。

店舗の背後にある白亜の洋館。約100年前の西洋建築のエッセンスが詰まっている。
店舗に入るとすぐ右手にある和室。さりげなく配置された屏風、花器、生け花に繊細な心遣いが感じられる。

店舗では、栗のテリーヌや栗のケーキ・パウンドケーキ、丹波栗のタルトなど、栗を使った洋菓子を販売。着目すべきは、栗という素材へのこだわりです。

足立音衛門が扱う栗は、丹波栗をはじめ、アジア、ヨーロッパ、南米など世界各国から選りすぐったもの。担当者が現地で生産者と面談し、その生育まで確認し、納得したものだけを使用しているそうです。こうした地道な努力により、顧客は産地や品種で異なる栗の個性を味わうことができ、栗スイーツにぞっこんになるのでしょう。

天井が高く風情のある店内。過剰な装飾がなくて心地よい。

なお、本店には栗のシュークリーム「集栗夢(シュークリーム)」のような本店の限定商品があるのでお見逃しなく。店舗に喫茶コーナーはありませんが、店内と店外に設けられた座れるスペースでお菓子を食べることができます。

本店では、プリンやシュークリーム、アイスクリームなど生菓子も扱っている。ここでしか購入できない限定商品もある。
店舗前に置かれたベンチでは座って休憩したり、お菓子を食べたりできる。
店名足立音衛門
住所京都府福知山市内記44-18
電話番号0773-24-2043
営業時間9:00~18:30
定休日元旦

「福知山きちゃった!プチ旅観光MAP」の記事へ戻る
▼ 第2回・福知山城周辺エリア
前編(午前中) / 中編(午後) / 後編(午後2) / 最終編 / 番外編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top