福知山きちゃった!プチ旅観光MAP お出かけ・観光

福知山光秀ミュージアム|ふくたん編集部の「プチっと解説」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」と連動
2021年2月7日まで光秀関連資料を展示

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送開始を機に福知山城公園内の佐藤太清記念美術館2階に設けられた展示施設。会期は2020年1月11日~2021年2月7日。
ドラマで使用された衣装・小道具、登場人物パネルのほか、光秀と福知山の光秀の軌跡がわかる資料の展示、丹波攻略の映像展示など盛りだくさん。
光秀は織田信長に仕えるまでは謎の多い人物ですが、年表や丹波平定の過程、福知山の善政などの資料をもとに光秀の人物像に迫ります。監修は「麒麟がくる」の時代考証を担当する小和田哲男氏(静岡大学名誉教授)。

福知山光秀ミュージアムの入口。チケットは手前の窓口で購入できる。
福知山光秀ミュージアムは佐藤太清記念美術館2階に設置。外観は福知山城下にふさわしいデザインだ。
名称福知山光秀ミュージアム 
住所福知山市字岡ノ32-64
電話番号0773-22-1010
営業時間9:00~17:00(入館は午後16:30分まで)
開催期間2020年1月11日~2021年2月7日
休館日無休
入場料ミュージアム大人500円、小中学生250円、ミュージアム+福知山城大人700円、小中学生300円 
※ミュージアムは、佐藤太清記念美術館の入館料を含む

「福知山きちゃった!プチ旅観光MAP」の記事へ戻る
▼ 第2回・福知山城周辺エリア
前編(午前中) / 中編・後編・番外編は11月~12月に公開予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top